最終更新日

2020/12/17

 

研究内容

発表論文

研究室メンバー

函館校へのアクセス(工事中)

講義情報(工事中)

参照触媒
硫酸化ジルコニアプロジェクト
ホームページ

触媒学会講師派遣講習内容

English

Published Papers

ようこそ、松橋研究室のホームページへ
Chemistry Lab. Hokkaido University of Education, Hakodate



最 近 の 動 き

■岩本さん,佐々木さんの卒論に吉田さんの修論を加えて論文にしました。(2020/12/08)
■石田さん,吉野さんの卒論が論文になりました。(2020/05/09)
■山本久美子さん,iPad返却に来室,博士号取得のお祝いはグランポルト。4月からは網走だそうです。(2020/3/9)
■岩本さんの卒業を祝して,あさりですき焼きランチでした。4月からは神谷研(北大)です。(2020/3/6)
■キャット・ケム実験室ミニシンポジウム2020は中止となりました。
■キャット・ケム実験室ミニシンポジウム2020のプログラムを掲載しました。(2020/2/18)
■J. Jpn. Petro. Inst. に,2010年に発表した論文が,月間アクセス数5位になりました。(2019/11/21)

Friedel-Crafts Acylation of Anisole with Phthalic Anhydride Catalyzed by Solid Superacid of Sulfated Zirconia
Hideo Nakamura, Naoko Tanaka, and Hiromi Matsuhashi, J. Jpn. Petro. Inst., 53(5), 276-281 (2010).


■触媒討論会(長崎大)で,発表しました。(2019/9/19-20)
■高校教員向けの講習会で,熊本に行ってきました。(2019/6/8-9)

■キャット・ケム実験室の実験案内(触媒学会講師派遣講習内容)を更新しました。((2019/3/27)


このウィンドウを閉じる

お知らせ
■高校教員向けに,教育用のゼオライト(クラリアント触媒社製ベータ,JRC-Z-HB150)を無料配布しています。電子メール(matsuhashi.hiromih.hokkyodai.ac.jp (を@に置き換えて下さい))でお知らせ下さい。一回の配布量は20 gです。
■触媒学会教育推進委員会の普及啓発小委員会が,高校教員の皆さんの研究会などのお手伝いをします。費用は触媒学会が負担しますので,無料です。内容はゼオライト触媒によるフルオレセインとエチレンの合成,ゼオライトのイオン交換,光触媒反応,導電性高分子の作成,です。詳しくはキャット・ケム実験室の実験案内(触媒学会講師派遣講習内容)をご覧下さい。メール等でご連絡下さい。
■「キャット・ケム実験室ミニシンポジウム2010」の予稿集はこちら
化学系研究設備有効活用ネットワークで,教育大にXRDが設置されました。当面無料でお使い頂けます。
■「キャット・ケム実験室ミニシンポジウム2009」の予稿集は
こちら
■SZプロジェクトの結果の科研費報告書,無料でお分けします。



化学教室 松橋研究室について
担当  松橋 博美(教授)
担当科目  物質科学
連絡先 〒040-8567  函館市八幡町1-2  北海道教育大学函館校
Phone 0138-44-4325 FXAは使用を停止しています。
E-mail 新 matsuhashi.hiromi
h.hokkyodai.ac.jp (を@に置き換えて下さい)
    旧 matsuhas
hak.hokkyodai.ac.jp
研究室 2-115 (2号館1階)


ご意見・ご質問はメールでどうぞ。
講義に関する質問は、メールでは受け付けません。直接研究室まで。